個人的な例外として

フリーター時代によくくだを巻いていたんですけど、時給が高くて楽なバイトってないかな、と話をしていました。
普通に考えて、そんな美味しいバイトなんてあるワケがないんですよね。
あると大体裏があるもので、過去にそういうヤツに騙されたこともあります。
要はブラック企業なんですけどね。
そこから導き出した結論として、バイトのしんどさと時給は比例するものだ、と。
平たく言えば、楽なバイトほど時給は安く、しんどいものほど時給は高い、という…まぁ当たり前っちゃあ当たり前なんですけどね。

しかし経験上、唯一例外がありまして。
それが官公庁絡みのバイトです。
あれほど楽で時給の高いバイトというのを私は知りません。
例えば選挙会場のバイトです。
これもまぁ官公庁絡みのバイトの1つで、選挙のハガキと名簿を照らし合わせてチェックするだけだったり、ひたすら投票用紙を発行して渡すだけだったり。
ホントに1日中座りっぱなしでひたすらそれを繰り返すだけ。
その割には日当は結構なもので、時給換算すると存外高かったりします。
開票までやると1日で2~3万はいったりしますので、まぁ朝から深夜まで働くことにはなるんですけど、内容の楽さを考えますと充分、補って余りあるかと。
これ以外ですと交通量調査のバイトでしたり。
これも車が通る度にカウンターをカチカチやるだけですからね。
ホント楽だな、と思える内容ですので、チャンスがあればもう一度やりたいぐらいです。
ま、今の会社、副業禁止ですからコッソリね(笑)
楽して稼ぎたいと思っているフリーターや学生におすすめのバイトであることは間違いありませんね。