仕事に応じた報酬が当たり前

個人的な持論で申し訳ないのですが、私は基本、働いたら働いただけのバックがあってしかるべきだと思っています。
というのも最近やたらと会社でサービス残業をする機会が増えてきていまして…そこはキッチリ請求していいものだとは思うんですけど、その内容が非常に軽いものであるため申請しにくい、というのがあるからです。
なぜそんな考え方になったかと言いますと、フリーター時代の経験がそういうものであったからなんです。

私が初めてバイトをしたコンビニの店長さんが他にも色々とされている方で、バイトであってもプロ意識は必要であるとか、業務の内容によっては自腹でそっとボーナスを付けてくれたりとかしてくれてた方なんですね。
その方いわく「働いたら働いた分と内容に応じての給料があって然るべき」とのことで。
先のそっとボーナスなどがそれにあたるんだと思うんですけど、仕事は頑張ったら報われるというのを彼なりに教えてくれようとしたんでしょうね。
楽なバイトには安い時給しかない、時給を上げてほしければそれなりの仕事をしろ、というわけです。
当たり前と言えば当たり前の考え方なんですけど、当時高校出たてで社会経験の一切なかった私にとっては結構衝撃的で。
それが20年近く経った今でも根強く残っているというわけです。
というわけで、今時給が安い安いと嘆いているアルバイターの皆さん。
今一度、自分の仕事を省みてはどうでしょう?
楽なバイトしてませんか?そうなら時給が安くても、嘆く資格はありませんよ。